永久脱毛は本当にムダ毛が生えてこないのか?

脱毛サロンや美容クリニックの医療脱毛など、女性のムダ毛の悩みを改善してくれる機関がどんどん増えてきています。頑張って通うからには永久脱毛したいというのが多くの女性の願いではないでしょうか。

まず、永久脱毛というものを知っておきましょう。
イメージとしては脱毛してしまった部分からは一切ムダ毛が生えてこなくて、一生つるつる肌だと思っている方が多いです。

しかし、定義的には脱毛してから1ヶ月後に毛の再生率が20%以下の場合を永久脱毛と言うと決まっています。それなら、永久じゃないのかとがっがりする必要はありません。

例えば、ひざ下をつるつるにした場合、2割程度というのはほんの小さな面積です。また、同じ部分に集中して再生するわけではありませんし、同時に再生するわけでもありません。

たまに数本程度ムダ毛が生えてくる程度でしかも、施術後のムダ毛は細くて薄い弱々しい毛ですから、ほぼつるつるの美しい肌を保てます。

ニードル脱毛について

永久脱毛だと言える方法は現在、ニードル脱毛だけです。
絶縁針を毛穴に刺して電気を流し毛根などを死滅させる脱毛法で、レーザー脱毛や光脱毛が生まれるまでは、この方法しかありませんでした。唯一永久脱毛だと定義されているのは、このニードル脱毛だけです。

レーザー脱毛は永久脱毛?

レーザー脱毛は永久脱毛ではないのかという疑問がわいてきます。
実はレーザー脱毛が始まってからまだ20年程度しか経っていないため、永久脱毛かどうかを決定するほど症例が揃っていないため、公の機関では永久脱毛とは決定されていません。

しかし、ムダ毛を作る毛乳頭や毛母細胞、毛根周辺の組織などを破壊できますから、公的機関ではまだ認められていないものの、実質的には永久脱毛と言えます。

光脱毛の効果は?

では、脱毛サロンやエステなどの光脱毛はどうでしょうか。
実は光脱毛は永久脱毛ではなく、美容脱毛とか減毛と言われるものです。毛根などのムダ毛の生成部にダメージを与えられますが、1回で死滅させるほどのパワーはありません。

細胞や組織を死滅させるほどの施術となるとやはり医療行為となりますから、医療機関でのみしか行えないのです。

しかし、レーザーよりもパワーが弱い光脱毛でも、繰り返し施術を行うことで永久脱毛に近い効果を得ることができます。ムダ毛も細く薄くなっていきますし、生えてくるスパンもどんどん長くなっていきます。

いかがでしょうか。
永久脱毛とはこんなもので、それぞれの脱毛方法には違いがあるというのを知った上で、どこの機関でどのように脱毛するかをしっかりと決めて、脱毛に通いましょう。

おすすめ脱毛クリニックはコチラから:永久脱毛でおすすめ医療クリニック厳選ランキング

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ