医療レーザー脱毛機器メディオスターは敏感肌で痛みが気になる人向き

医療脱毛は、脱毛サロンの光脱毛器よりも毛根組織を破壊する力が強いレーザーを利用し、永久的な除毛効果を引き出すので、どうしても鋭い痛みがストレスになるのがネックです。

しかし最近の医療レーザーは益々機能が進化を遂げており、敏感肌でも低温且つ刺激を最小限にして照射できるメディオスターという最新機種も登場しています。

メディオスターが従来のヤグレーザーアレキサンドライトレーザーと決定的に異なる点は、ムダ毛の色素である黒いメラニンには強く反応しない点です。

つまり照射する箇所が毛根組織の深部ではなく、肌表面に近いバルジ領域になるので、じんわりと暖かい温度のままで脱毛が可能なのです。

又、メディオスターの場合は肌色を問わずに照射できるのも可能であり、浅黒く日焼けした肌や刺青の入った肌、色素沈着が目立つニキビ跡付近でも問題ありません。

更にメディオスターは毛量が多くて皮膚が薄い箇所である顔の青髭やもみあげ、VIO脱毛にも大変適しており、最近は男性のクリニック脱毛でも沢山活用されています。

ちなみにメディオスターの照射ヘッドには大型の冷却装置が付属しているので、脱毛後のケアが素早くケアできると同時に、乾燥肌になりにくいメリットもあります。

しかもメディオスターの照射口からは、ムダ毛の生える深さによって適宜調節できる2つの波長を出力可能なので、打ち漏れしやすい産毛に対して効果的に働く点も見逃せません。

尚、メディオスターで脱毛する時の気になる毛周期は、わざわざ2,3か月長く間隔を空けなくてもよく、約1か月インターバル置くだけで次の照射ができます。

従ってメディオスターはスピード脱毛したい人にとっても相性が良い機械ですし、この機械を採用している病院は湘南美容外科リゼクリニッククレアクリニックなど全て大手ですから、万一何かトラブルに遭った時でも、医療体制が万全に整っていてアフターケアも安心して受けられます。

ただメディオスターは医療脱毛の中では最新機種に該当するので、やはり施術料金は他の機種を選ぶよりもコストは高いです。

しかし医院の中には、期間限定ではありますが不定期に安いキャンペーン特価を導入し、新規顧客を募っているクリニックも幾つかあります。

もしメディオスターで脱毛したいけど、コストの高さが気になる人は、お目当ての医院のホームページはこまめにチェックし、お得な情報を収集するのが是非お勧めです。

又、メディオスターでの実際の施術の感想もインターネットで無料で口コミを読める所は沢山あるので、効果の出方や痛みについても事前に調べておくと心の準備がしやすいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ